メンテナンスを意識したマイホーム作り

絶対に必要になるのがマイホーム購入後数年あるいは数十年後のメンテナンスそしてリフォームです。車と一緒でメンテナンスをしっかりすることで安心感そして故障のない状態を保つことができるのです。その点でメンテナンスをしやすい設計にすることは大切であり、デザインを重視するあまりそれが疎かになることがないようにしたいものです。できるポイントとしては点検口を作り床とか天井、その他壁などをチェックできるような部分を必ず作ることで、どこから被害が起きているのか、あるいは起きそうなのかということを知ることができます。またパイプスペースはしっかり取りできるだけ配管関係のものは1か所にまとめることができるでしょう。リフォームを意識した設計ということでリフォームがしやすいように必要な配管や配線をしておくのも賢いことです。そのようにして少しでもメンテナンスをしやすくしておくことはとても重要であり、疎かにするべきことではないと言えます。

PR:群馬県太田市でメンテナンスコストのかからない注文住宅は子育て世代の家設計