住宅設計士の助言に耳を傾けるんだった

マイホームを建てる際は、注文住宅にして自分の好みをすべてにおいて反映させたいと多くの人が思うことでしょう。私にしてもそのように思っていましたよ。完成したマイホームで生活するまでは、そのように思っていました。「注文住宅でマイホームを建てるんだから、とことんまでこだわって自分の理想の家を完成させたい!」と。

しかし築8年も越えると、このようにも思ってくるのです。それは「もっと、設計士の言うことを聞いておいた方が良かったかなー」とも。要するに「プロの意見に従った方が良かったかも」ということです。

設計士さんは良かれと思って、「ここはこうした方がいいですよ」とか、「ここにそんなにお金をかけるよりも、こちらをこうした方がいいですよ」と、アドバイスをしてくれていたわけです。しかし当時の私はあまり聞く耳を持っていなかったのですよね。

「設計士さんの家を建てるわけではなくて、私の家を建てるんですからね!」とばかりに、プロからのアドバイスを邪険に扱っていたかと思います。そして今、後悔もしているわけですから。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計

英語上達の秘訣内職 アルバイトクレジットカードの即日発行じゃけん住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科初値予想童話SEOアクセスアップ相互リンク集ショッピングカートオーディオ心の童話